2012年06月10日

やせる運動を効率よくするために

無酸素運動でやせるというダイエットもあります。

筋肉の瞬発力を使う運動の多くが、無酸素運動に該当するといいます。

例をあげるなら、重量挙げや短距離走など運動を行う時にぐっと息を止めるものが無酸素運動に含まれます。

血液や筋肉に貯め込まれている糖質を利用し、酸素を消費しないで行う運動になります。

筋肉量が多く、糖質の燃焼効率が高い人ほど、効率的にやせるといいます。

体内で糖質を速やかにエネルギーに変えるためには、トレーニングで筋肉を増やし、新陳代謝をアップさせることです。

筋肉を増やすことによって、やせる体づくりが可能です。ストレッチ運動なども、ダイエットの効率がいい体質づくりができます。

有酸素運動や無酸素運動をする前に、筋肉が動きやすい状態を作るためにストレッチで筋肉をほぐすことで、運動の効率がアップします。

やせる効果の期待できる運動はいくつか種類があります。やせるためには、心身に負担をかけすぎず、長続きできる方法を選ぶことが、長期的な視点では大事です。

どんなダイエット方法にも言えることです。運動をしてやせるということはただ単純に体脂肪や糖を燃焼させて体重を落とすという意味ではありません。

継続して運動をすることで、体脂肪や糖が蓄積しづらい体質をつくり、やせることを重要視しましょう。


  


Posted by まいど at 10:23やせる運動について

2012年06月09日

やせる運動のメカニズム

ダイエットに運動を取り入れて効果的なやせ方をしたいなら、やせるストレッチ、有酸素運動、無酸素運動をすることです。

運動をしながら体内に酸素を取り込み、カロリーを燃やし続けるという運動が有酸素運動です。

有酸素運動には、様々な種類があります。

有酸素運動は、長時間続けることができることが特色です。

ウォーキングやジョギング、水泳、サイクリングなどが有酸素運動です。

有酸素運動がやせる作用があるというのは、なぜでしょう。

有酸素運動を行うことにより、体内に酸素が取り込まれます。

取り込まれた酸素は体脂肪と糖を分解してエネルギーにかえ、エネルギーは体が活動することによって消費されるます。

有酸素運動でやせるのは、体内に蓄積されていた脂肪や糖を使う仕組みが体で作られるためです。

ただし、短時間の運動では効果がありません。

運動をするとき、人の体はまず血液中の糖分を燃料として使います。

糖を使い切ると、グリコーゲンという肝臓や筋肉に存在する糖質が運動のために使われます。

エネルギーを使い切ってから初めて体脂肪をじわじわ燃焼し始めるのです。

所要時間は20分程度と言われています。

少なくとも20分以上の有酸素運動を続けることができなければ、やせることは難しいと言われています。

  


Posted by まいど at 23:10やせる運動について

2012年06月02日

やせる運動について

運動はやせるためには欠かせないいものです。

やせるために効果がある運動とは、どんな運動でしょう。運動であれば何でも、続けることがやせることが可能なのでしょうか。

体の動かし方、使い方は運動の内容によって様々です。

やせるにはどんな運動をすればいいと考えられているでしょう。

脂肪が増加し体重が増えたりしないよう、やせる効果のある運動に取り組む時は毎日継続できるものにすることが大事です。

運動をしながら体内に酸素を送り込み、体脂肪を燃やすために行う運動が有酸素運動です。

これに対して無酸素運動は、体内の糖質を使って運動をします。

ストレッチ体操を事前に行っておくことも、運動では重要です。

やせるためには、脂肪の燃焼させやすい体質を構築しながら運動をすることです。

ポイントはストレッチ、有酸素運動、無酸素運動です。

摂取カロリーを制限することでやせることはできるだろうと思っている人は案外と多いようです。

カロリー制限をメインにしたダイエットでは、健康のために必要な栄養成分が不足することがあります。

栄養が足りなくなると、肌が荒れたり、体調を崩すこともあります。

ダイエット方法では体を動かすことが重要です。運動で体に過剰に取り込んでしまった糖質と脂肪をエネルギーに替えて消費すれば、美容によく健康的にやせることができるといえます。


  
タグ :やせる運動


Posted by まいど at 06:43やせる運動について